福祉の仕事ナビ

福祉の仕事の探し方

福祉の仕事に関する求人情報は新聞広告や就職情報誌にも載っていますし、ハローワークでも紹介してもらえます。

 

学生の場合は学校にも求人が寄せられるので、相談してみると良いでしょう。

 

しかし、それよりも自分で自分の住んでいる地域の福祉人材センターや福祉人材バンクに足を運んでみて、そこで相談してみることをおすすめします。

 

近くに施設がない場合は電話相談にも応じてもらえますので、とにかく自分から積極的に動くようにしましょう。

 

【福祉人材センター・福祉人材バンクでの求職】

 

福祉人材センターと福祉人材バンクは、質の高い人材の確保を目的に作られた機関で、福祉の仕事の紹介だけではなく、福祉の仕事に関する説明や求人の内容など、福祉に関するあらゆる情報を提供してもらうことが可能です。

 

また、実際に福祉の現場で働く人の声を聞けるセミナーが開催されていたり、職場体験をすることもできますので、福祉の仕事に関心のある人はぜひ足を運んでみてください。

 

【インターネットでの求職】

 

福祉人材センターや福祉人材バンクが運営しているサイト「福祉のお仕事(http//www.fukushi-work.jp/)」でも求人情報を探すことができます。

 

このサイトでは福祉人材センターや福祉人材バンクと同じように求人を検索したり、福祉の仕事に関する情報を得ることができます。

 

また、インターネットであれば好きな時にすぐに検索できるので便利です。

 

【人脈による求職】

 

仕事を探す時は人を頼るのも一つの手です。

 

ですから仕事を探している時には知り合いに福祉の仕事を探していることを伝えておくと良いきっかけを得られる可能性があります。

 

特に小規模な組織の場合、知人の紹介で就職したというケースが少なくありません。

 

また、どのような職種においても言えることですが、仕事を探す時には、実際に現場を訪れ、そこの職員やサービスの利用者と話をしてみると、その仕事について深く知る事ができるのでおすすめです。

 

とりわけ初めて福祉の仕事に就く予定の人は、色々な働き方を検討し、様々な福祉の現場に足を運んで自分の目を通して確認すべきでしょう。

 

さらに「WAM NET ワムネット(http://www.wam.go.jp)」というサイトでは、福祉サービスの状況が第三者によって評価されているので、気になっている組織がどのように評価されているのかを確認しておくと安心だと思います。