福祉の仕事ナビ

相談援助の仕事

福祉の仕事には可能性が広がっていますが、現在の福祉の仕事は大きく分けて「相談援助」と「介護」といった2種類あります。

 

【相談援助】

 

相談援助の仕事としては社会福祉や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格が挙げられます。

 

いずれも大学を卒業する必要のない職種ではありますが、それぞれに必要な知識や技術がありますのでしっかりと習得しておく必要があります。

 

援助相談の仕事は文字通り、問題を抱えている人の相談に応じ、その問題解決のサポートをする仕事です。

 

何よりもまず、相談者から状況を聞き出し、相談者の置かれている状況を把握することが大切です。

 

そして聞き出した問題をまとめた上で、相談者の考えを尊重しながら問題の解決策を探ることが仕事になります。

 

また困っている人たちが利用することのできるサービスや社会保障制度を紹介したり、必要があればより専門的な相談に乗ってもらえる機関を紹介することも大切な仕事です。

 

そして利用者の周りの人に協力を求め、その人の環境を整えて行くこともします。

 

このような仕事を「ソーシャルワーク」と呼び、その仕事に就いている人を「ソーシャルワーカー」と呼んでいます。

 

【ソーシャルワーカー】

 

ソーシャルワーカーは相談者の状況把握をしなくてはなりませんので、法律や制度に関して詳しくなくてはなりません。

 

その上、介護や医療についての知識も身に付けておく必要があります。

 

さらに、色々な人とのやり取りが生じますので、高いコミュニケーション能力は欠かせませんし、それぞれの状況に応じた解決策を考えるための創造力も必須だと言えるでしょう。

 

【カウンセラーとの違い】

 

カウンセラーも問題を抱えている人の相談に乗るという意味ではソーシャルワーカーに似ていますが、一体どのような点が異なるのでしょうか。

 

カウンセラーの場合、相談者自身が自分が抱いている問題を見つけ出し、考え方や行動を変えるようにサポートすることが仕事になります。

 

これは非常にパーソナルなことなので、周囲の環境を変えることは難しいでしょう。

 

一方、ソーシャルワーカーの場合は相談者だけではなく、その周囲の人々に対しても働きかけて問題の解決に努めますので、その点が大きく異なる点だと言えます。

 

例えば身寄りのないお年寄りの場合、一人で部屋で倒れてしまった時に誰にも気付いてもらえなかったらどうしようという不安を抱えているかもしれません。

 

そうした場合にはソーシャルワーカーがお年寄りの近所の人に挨拶に出向き、時々声をかけたり様子を見てあげたりするようにお願いしたりします。

 

もちろん、中にはそういったことを迷惑だと考える人もいるかもしれませんが、そうした場合にもどのように働きかけるのがベストなのかを見極めることがソーシャルワーカーとしての腕の見せ所であると言えます。

 

このように、ソーシャルワーカーには法律や社会保障制度に関する高い知識と高い人間力が求められているのです。