福祉の仕事ナビ

福祉の仕事に必要な資格とは

福祉の仕事に就くためにはどのような資格が求められるのでしょうか。

 

また、どのように就職先を探したら良いのでしょうか。

 

実は介護や相談援助の仕事には基本的に資格は求められません。

 

ただし、何の資格も持たない未経験者の人がいきなり仕事を探そうと思ってもそう簡単に見つかるものではありません。

 

自分が介護の世界で専門家として自信を持って働いて行けるように、必要最低限の専門知識を身に付け、資格取得も考慮した方が良いでしょう。

 

ちなみに報酬加算制度と言う、資格を持つ職員が一定以上の割合でいる施設では、良質なサービスが行われていると見なされ、施設に対して報酬が加算される制度があるため、職場としては有資格者を採用したいというのが本音です。

 

それに、既存の職員にも資格を取らせるように奨励する職場は多いと言います。

 

もちろんサービスを受ける側としても、何の資格も持たない職員よりかは有資格者のサービスを受けたいと思いますよね。

 

福祉の仕事を志している人の中には色々な立場の人がいますから、ここでは立場ごとにおすすめの資格をご紹介します。

 

【社会人の人・福祉系学校以外の新卒者の人】

 

福祉の仕事をしたいと考えている人の中には現在社会人として働いている人もいるでしょうし、福祉とは関係のない学校の新卒者もいると思います。

 

そのような立場の人は、最初に介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の受講をしましょう。

 

この介護職員初任者研修に関しては、様々な場所で土日や夜間にも講座が開かれていますので、忙しい方でも受講することが可能です。

 

そしてその後に実際に福祉の仕事を始めることになれば、現場で働きながら、今度は介護職員実務者研修を受け、3年間の実務経験を経た後に介護福祉士の国家試験を受けることをおすすめします。

 

もし相談援助職に就きたいという人の場合は、社会福祉や精神保健福祉士の資格を取るようにしましょう。

 

何故なら相談援助職にはポストがほとんどないため、未経験者や資格を持たない人が採用されるケースはほとんどないからです。

 

ですから初めは介護職に就き、その間に資格取得に励んで社会福祉士を目指しつつ、相談援助職への転職を考えていってはいかがでしょうか。

 

・大学または専門学校に進学できる人

 

現在高校生で、今後進学できるのであれば、介護福祉士や社会福祉士といった国家試験の受験資格を取得できる学校に進むようにしましょう。

 

福祉関連の学校に進学すると、資格が取りやすくなるばかりではなく、知識や技術がしっかりと身に付きますし、大切な人脈も築けるので将来大きく役に立つでしょう。

 

ただし、将来使えそうだから一応資格を取得しておこうといった考え方は止めましょう。

 

一度資格を取得できたとしても、それをすぐに活かすようにしなければ知識はみるみる内に失われてしまいますし、数年前に身に付けた知識はすぐに時代遅れになっていく可能性があります。

 

それにただ単に知識を身に付けただけの卒業したての学生が将来のために資格を取得したからといって、いざ福祉の仕事に就いた時に役に立つとは限らないのです。

 

福祉の仕事には豊富な人生経験や温かい人柄が求められますので、やるからには真剣に取り組みましょう。

 

また、福祉の仕事は中高年になってからでもやることができます。

 

ですから中高年の人は、諦めずに自らの人生経験を生かして福祉の世界で活躍してみませんか。